フラッグの概要

フラッグは別名コンティニュエーション・パターンメジャーリング・パターンとも呼ばれ、以前までのトレンドを継続する特徴とトレンドの中間地点に現出する特徴から、目標値を測定することができます。

フラッグのチャートの見方

フラッグは、ペナントと同様、様々な時間軸でコンティニュエーション・パターンまたはメジャーリング・パターンとして有用性を示してくれます。

チャートの形はおおむね平行四辺形か長方形に似た形であり、傾きはそれまでのトレンドと逆行する傾きになるのが大きな特徴です

上昇トレンドなら下向き、下降トレンドなら上向きの傾きになり、そのチャートパターン形成中の時に出来高は減少しますが、ブレイク時に出来高を増大させてチャートパターンを完成させます。

フラッグの目標値の算出について

・上昇トレンドの場合、右肩下がりの傾き
フラッグ,EA
・下降トレンドの場合、右肩上がりの傾き
フラッグ,EA

フラッグは、メジャーリング・パターンと言われるように、目標値(ターゲットプライス)を算出できるチャートパターンとして活用できます。

どの時間軸のチャートでもペナントに次いでよく見られるチャートパターンで、ペナントと違って、リターンムーブの発生も少ないので、ブレイクに素直に従って狙っていける特徴があります。