エリオット波動

エリオット波動は、トレンド相場での値動きの一定のサイクル・リズムを学問化したもので、ラルフ・ネルソン・エリオットによって体系化され、「波動原理」として投資の世界に出回りました。

その有用性は、「波動理論」が出版された1938年から80年経過した現在でも全く色あせることなく通用し続けています。

エリオット波動理論をトレードに活用するために、必要な知識について

エリオット波動の中身についてはこちらの記事で詳細に書いていますので、今回はこのエリオット波動理論を使ってどのようにトレードに活用できるかを述べていきたいと思います。

エリオット波動は、上昇トレンドの場合も下降トレンドの場合も存在しますが、ここでは、話を簡単に進めていく為に、上昇トレンドの場合についてのみ、書いていきます。

エリオット波動理論の概要を理解する

エリオット波動は、上昇トレンドの場合、上昇5波動と下降3波動の計8波で構成されます。
イメージは・・・
エリオット波動理論,EA

ここで押さえて欲しいのは・・・
第1波は上に行って、第2波は下に・・・要するに奇数はトレンド方向に推進し、偶数は推進した波動の調整やな。ってくらいのイメージです。

ここでもう一つ、押さえて欲しいエリオット波動の重要な原則の部分を紹介します。
(上昇トレンドの場合)

エリオット波動の3原則(上昇トレンドの場合)

1 上昇5波動のうち第3波が最短になることは無い
2 第2波が第1波の基点を下回らない。
3 第3波が第1波の高値を割り込まない。

この3つのことを理解したら、次に行きましょう。

エリオット波動で捉えるべきは、第3波と第5波

エリオット波動理論では、トレンド方向に推進する波動は、奇数の波動。トレンド方向と逆方向に調整する波動は、偶数の波動と認識されたと思いますが、その中でトレンド方向に動く第1波は、捉えることは非常に困難です。

何故、困難かといえば、例えば、それまで下降トレンド中にある波動の上への動きを、チャートの右側で、下降トレンドの戻りなのかトレンドが転換したエリオット波動の第1波なのか、判断できないですよね?

トレードにおいて、トレンド方向に推進する波動を捉えるとしたら、第3波と第5波が最も現実的です。

しかも、第3波は上昇5波動のうち第3波が最短になることは無いとされていますから、これを狙わない手はないですよね。

フィボナッチリトレイスメントで、第2波と第4波の調整のレベルを予測する

エリオット波動の第3波と第5波を効率的に捉えて利益を得るためには、第1波や第3波の調整が、どの程度のレベルまで調整するのかを理解することが大切です。

そこで、重要になってくるのが、フィボナッチリトレイスメントです。

フィボナッチリトレイスメントは、平たく言えば調整が終わって反発しやすい水準のことで、MT4にも標準装備でついています。

フィボナッチリトレイスメントは、上昇トレンドの場合、上昇の起点から最高到達点までの値幅を100とし、調整した値幅のパーセンテージが、38.2%が1/3押し目、50.0%が1/2押し目、61.8%が2/3押し目という形で表します。

<MT4で表示している状況>

上の画像をご覧ください。赤丸で囲ったUIを使って、「ここから」を起点に高値までドラッグして引き、高値でマウスのクリックを放すとフィボナッチリトレイスメントが引けます。

赤色の破線の矢印のポイントがフィボナッチリトレイスメントの1/3押し目、1/2押し目、2/3押し目となりますが、それぞれで反応しているのがわかります。